どれも魅力的!いろいろある婚約指輪の石の話

好きな色も選べる、彼女のことだけを考えた愛の形

生涯にたった一度の経験になるであろう、結婚式ですが、その前に渡される婚約指輪は女性の憧れでもあります。結婚指輪はシンプルなデザインの方が主流となるので、婚約指輪に期待する女性の方が多いといっても過言ではありません。有名なハイブランドのダイヤモンドをあしらったゴージャスな婚約指輪が一番定番ではありますが、実は男性の想いを込め、ダイヤモンド以外の石を使用する婚約指輪も人気を得ているのです。 ダイヤモンドはやはり高価なものなので、同じ値段で購入するにしても他の石の方が大きいデザインを購入するの事ができるのです。また、相手の好きな色や誕生石を選ぶこともできることも人気のひとつです。また、ダイヤモンドに比べて、デザインも少なくなるので自分だけのと言う気持ちも大きく感じられます。

あなたの想いを伝えられる婚約指輪を

石には種類によって、込められた想いがひとつひとつ存在します。例えば、美しく周りを魅了する赤の輝きを放つルビーには、情熱や仁愛といった意味が込められます。これから生涯をかけ、守り抜く女性に対してのメッセージにもなるでしょう。ルビーの価値はダイヤモンドに次ぐほどで、とても人気があります。鮮やかで心安らぐ優しいグリーンに輝くペリドットは、夫婦の幸福という想いが込められているので、婚約指輪にはぴったりの宝石です。また、サファイアは希少価値も高く、海外では幸せを呼ぶブルーと呼ばれ縁起の良い石とされています。 日本では、まだダイヤモンドの方が主流とされていますが、指輪の内側に石をはめ込むなど、想いのこもった石を使用する方も多くいるのです。普段使いもできる石の婚約指輪は、どんなシーンにも活躍することができます。