あなたは知ってる?婚約指輪の役割とは

「女性への愛の誓い」である婚約指輪

婚約指輪は、結婚指輪に比べると身に付ける期間も短く、今では結婚指輪だけというカップルも増えています、しかし、結婚指輪が「夫婦の誓い」であるのに対し、婚約指輪は「女性への愛の誓い」を表すものなのです。女性は婚約指輪を身につけることで「婚約中」であることを示します。「自分は彼のもの」ということを示し、男性にとっては「彼女は俺のもの」ということを示し他の人に奪われないようにするため、そんな思いも込められていることでしょう。 婚約指輪は、結婚後には既婚女性の正式なジュエリーとして、結婚式などの正式な場で身につけられます。身に付ける期間は短いけれど、結婚までの期間、指輪を見ることで幸せな家庭を想像させ、結婚への意識を高める役割もあります。

結婚指輪とは違う!特別な思いがたっぷり詰まった婚約指輪!

婚約指輪は結婚指輪と違い、ダイヤモンドが華やかにデザインされたものが一般的となっています。それは、日常生活の中ではあまり身に付けられません。だからこそ、大きく、華やかにあしらわれたダイヤモンドの婚約指輪は、女性にとって特別な感情を抱かせるものであり、男性もそれを贈ることで、愛を誓った女性を一生守りぬくという責任を表します。 マリッジブルーというものがありますが、そんなときも彼が自分のために一生懸命働いて、自分に似合うものを一生懸命選んでくれたという指輪を見ることで、不安を拭ってくれることでしょう。結婚指輪とは違う、男性から女性への愛が込められた婚約指輪だからこその役割をしっかりと理解しておいてください。きっと、自分が思っていた以上に素敵な贈り物になり、一生自分を幸せにしてくれるものになります!